メニュー

2018年12月23日日曜日

逆転の発想がFX自動売買システムを劇的に良くする!

こんにちは!! FXストングトレーダーの髭勇爵です💹

昨日の投稿では自動売買で大きな発見があったことを報告しました。

今日はそれについて話していきたいと思います!


まず結論から話すとロジックを変更してからUSDCHFGBPJPYの勝率がかなり良いということです。

画像はロジックを改良した13日からの取引履歴です!





今回はなぜこのように高勝率を残せる通貨ペアに進化したのか、経緯を伝えていきます。

まず、うちの自動売買は今年の3月から稼働を開始させ非常に順調に運用が続いていましたが、もっと大きな利率を出すために対応通貨ペアを増やしたことが要因で8月中旬から不調に陥りマイナス運用が続きました。


バックテスト上では良い感じだったので、ロジックを改良していれば直るはずだと信じて改良を行ってきましたが、一向に良くなりませんでした。



どうしたもんかな〜。。。と思いながら取引履歴を眺めていると判明したのが特定の通貨ペアが他の通貨ペアで得ていたプラス以上にマイナスを出していたのです!


それが今回話しているUSDCHFGBPJPY。そしてこの他に3通貨ペアです。


合計5通貨ペアで大きな損失を生み、これが無ければプラスに出来ることに気づき、早速この5通貨ペアの稼働を停止させ、残りで運用させるとすぐに調子を取り戻しました。


ただ、停止させた時に1つ疑問にだったのがUSDCHFとGBPJPYがあまりにも連敗していたので、これはロジックを逆にしたら勝てるのではないか?


かなり安易な考えであることは自分で十分に理解出来ていましたし、正直この2通貨ペアにはかなりのマイナスを作られていたの嫌いになっていましたが、最後のチャンスとしてロジックを逆にして運用を試しました。


そして、それが功を奏して以前の連敗が嘘のように連勝を始めたのです!


USDCHFに関してはロジックを変更してから今日まで勝率が100%と驚きの結果です。


ずっと100%で運用は無理ですが、現在ロジックを変えてから1ヶ月半ほど経ちこの結果なので、これから先も65%〜70%ぐらいの勝率は残せると思います。

うちのシステムは勝率がだいたい50%を超えていれば利益が出るような設定にしているので。

ちなみに前のロジックでは2ヶ月半勝率10%以下でした笑
バックテストでは完全にプラスだったのですが。。。バックテストの信ぴょう性も少し疑うべきだなと今回の件で学びました。


そういえば、この2つ意外に高勝率を残してる通貨ペアが実はあります。
少し長くなってしまってるので、その通貨ペアについてはまた次回

 よかったらポチッとしてください!!
  にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

よしよし、AUDUSD上がって来ました^^

前回の内容の続きですが、AUDUSDが上がって来ました!! ツイッター https://twitter.com/hayachanel8810/status/1137009741064892417 ツイッターでチマチマ呟いていたので、良かったらご覧くださ...