メニュー

2019年5月16日木曜日

週足を見ると今の下落は大したことない!?

人は不思議と悪いことが起きると、その印象は良いこともよりも強く印象に残るようです。


そして、ここ最近の相場は下落が連日続き、ロングで保有してる人は毎日悪い印象しか持てずに相場を見てしまいがちです!

なので、2週間も下落が続くともう相場が上がることはないんじゃないかと絶望した気分になっても不思議ではありません。

”もういつになったら米中の貿易戦争は終わるんだよっ!!”

今はこういった感じでしょうか?w

でも、相場を俯瞰してみるとそこまで大きな問題ではありません。

こちらはGBPJPYの週足画像ですが、赤枠で囲った部分をご覧ください。

このように相場は当たり前かのように3週間、4週間下落を続けるものです^^

ですので、ここで感情的になトレードを行うとかえってマイナスが膨らむことに繋がりかねないので、下落の目線を持てていないときは相場と意識が合っていないので、静観しましょう。


”相場はいずれ反転します(^^)”

2019年5月12日日曜日

利幅を伸ばすために必要な感覚

ここ最近は連日下落が続き、個人的に我慢が続く相場にでした!

こういうのは久々だな〜と思いながら相場を見つめ、それと同時にFXで利益を出せていない頃よりはこうした相場に対して余裕を持っていられる自分がいました。

そして、このような相場状況の中で何かトレーダーとして成長出来る部分がないか模索していたのですが”ある気づき”がありました!


現在MAM口座の方でスワップ目的としてAUDJPYとCADJPYを保有してるのですが、当然ここ数日の相場で含み損が増えています。

目的がスワップなので、この含み損に関してはどうでもいいのですが、もしスワップ目的でなかった場合は相場に対しての思いが変わってきます。

今回の相場で利幅による利益を求めていた場合、仮にロングでポジションメイクしていると連日S/Lに向かって損失が膨らむので、気分としてはとても悪いはずです。


そして、さらに気分を悪くするのはたまに強く戻した時にそろそろトレンドが変わったかもしれないと思いきや、そのあとにすぐに再度下落を始め糠喜びさせられること。

なんだよ!すぐまた落ちてんじゃん!!ってなりますよね笑


でも、ここが今回成長出来る点として気づいたことです!!
具体的にどういうことかというと、含み損は上記のようにして徐々に膨らんでいくのですが、含み損のように利幅を伸ばしていくことが出来れば、今よりも大きく取れるようになります。

そのためにはどうすれ良いのか?

それはこれから説明していきたいと思います。

こちらはUSDJPYは4時間足の画像ですが、下落を開始してから上記のような少しだけ戻して再度下落している糠喜びポイントがいくつかあります。


この時、人はなぜトレンドが変わったと思うのかというと4時間足の情報しかみていないからです。!

それと戻って欲しいという個人的な想いも混ざっていることは間違いないですが、根本的な原因は情報不足というです。

この情報不足によって謝ってエントリーも生まれてしまいます。
なので、糠喜びなどの嫌な思いもしてしまうのです・・・

では情報を補うために必要になってくるには”日足”です。

これを見てもらうと先ほどの4時間足で見えていた”糠喜びポイント”が見当たりません。

まあ日足なのでそれは当然のことですが、大事なのは4時間足にプラスして日足を見ることで4時間足では足りなかったトレンドの強い方向性を見えてきます。

こうすることにより4時間足だけ見るとトレンドが反転しているような相場であっても、日足を見ることにより実はそれが一旦の戻しであることがわかってくるので、リスクの高いエントリーを避けることが出来ます。


また日足を活用することにより、ゆったりと相場を見ることが出来るので忙しないエントリーが無くなり、そしてエントリー後は大きく利幅をとることが可能になります。


今後4時間足から相場の細かい変化などを読み取りながら、日足で方向性を確認していくことでリスクを避けたトレードをしていくことが可能になると思います^^



ちなみに今回のこのようなことを思ったのは、最近米中の関税問題によりテクニカル分析が効かない相場というようなことが言われてました。

でも、それって本当なの?という疑問からこのような気づきがありました^^
ぜひ参考にして見てください!!

よしよし、AUDUSD上がって来ました^^

前回の内容の続きですが、AUDUSDが上がって来ました!! ツイッター https://twitter.com/hayachanel8810/status/1137009741064892417 ツイッターでチマチマ呟いていたので、良かったらご覧くださ...